忍者ブログ
.
広島のパン屋さん
パン好き小僧の食べ歩きブログ。パンをメインに、スイーツやカフェも載せています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先日、小僧師匠が紹介された「広島・パンの本」にも載っていた
「コウボパンこさじいち」を少しだけ紹介したいと思います。
今回、ここへアップしている画像やデータは1年前のもので、
解像度もサイズもイマイチです。しゅびばしぇん。
そして、パンの価格も少し変わっているかも知れません。

「広島・パンの本」に載っていても、このお店は広島ではなく鳥取県にあります(笑)




大山のふもと、ゆったりとした風景の中を走っていきます。




正面に見えるのが大山。




ここが「コウボパンこさじいち」です。酵母が息づくようにと木で建てられています。




お店の前には勇大な大山があり、裏には遠く弓ヶ浜海岸が見えます。
外のベンチにすわってランチというのも最高だと思います。




お店はメインの道路より奥にあるので分かりづらいです。この建て看板を目印にどうぞ。
…っていうか、これを探すもの難しいかも??




お店の中には自家製の酵母たちが息づいています。
ぷくぷくぷくっっと、大自然のエネルギーがおいしいパンを作ってくれるんですね~。




大切に大切に作られたパンたちです。どれもしっかりとした食感で味わい深いものばかり。




クマさんの焼印があるサイコロ食パン(1斤300円 2斤600円)は、
こさじいちの中で唯一ソフトなパンです。
その右の自家製天然酵母の山食パン(500円)はどっしりと重く、
トーストして食べると香ばしさが一段と引き立ちます。




ライ麦とフルーツたっぷりのパン(600円)
ドイツの黒パンの種類で、爽やかな独特の酸味がある個性的なパンです。
ワインなどお酒によく合うのでオードブルの一品に。クリームチーズとも良く合います。




画像右はフランスパン(350円)と、左はカレンツとくるみのパン(300円)です。
フランスパンは小麦と酵母と塩のみで作られていてお米の酵母の香りがします。

カレンツとくるみのパンに使われているものは、
干しブドウより小型で味が濃厚なものです。(野ブドウ)入り。
スティック型で食べやすいタイプです




いちぢくとくるみのパン(600円) いちぢくのプチプチ感がとーってもおいしいですよ。




小豆のあんぱん(250円)とクリームパン(250円)です。
少々高いですが、これがめちゃくちゃ美味しいんです。
ここのクリームパンは絶対オススメ。もちろん、あんぱんも( ̄▽ ̄)b グッ!ですが。

ドライブにはとても良い季節。
ガソリンも少し安くなったことだし、美味しいパンを探して遠出をしてみませんか?


弟子karubi/画像及び記



****************************************
お店情報
 住所:鳥取県西伯郡伯耆町金屋谷1713-1

 TEL&FAX:0859-68-6110
 営業時間:
11:00~16:00
 営業日: 水曜日~土曜日
****************************************
PR
この記事にコメントする(名前未入力のコメントには返信いたしません)
Name
Title
Font color
E-mail
URI
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret?
この記事へのトラックバック
トラックバック用URI:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
フリーエリア
バーコード
プロフィール
HN:
パン好き小僧
性別:
男性
趣味:
パン屋さんめぐり(現在約300店)
カウンター
フリーエリア
4種類のゲームが楽しめます       猫に戻すには足跡をクリック!
 猫をクリックすると近づいたカーソル    を追って顔や前足を動かします♪
ブログ内検索
リンク
Copyright (C) パン好き小僧 All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]