忍者ブログ
.
広島のパン屋さん
パン好き小僧の食べ歩きブログ。パンをメインに、スイーツやカフェも載せています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、 『miya pain et maison unique』 を後にし、走ること約30分。着いたところは初めて足を踏み入れる 鞆の浦 です。



鞆の浦全体を走りまわったのではありませんので位置関係は良くわかっていませんが、水呑町から田尻町を抜けて鞆町に入ってすぐのところです。




お店横にあるウッドデッキからはこんな景色や・・・




こんな景色が眼前に広がります。




位置的には仙酔島でしょうか?とりあえず撮影・・・




で、目的の店はこちら。




これが工場に隣接した店舗です。




その名も 『瀬戸内地ぱん鞆の浦』 です。
この店名でタウンページを探しても掲載されていません。正式社名は 『紫萌堂』 といいます。
 



こんなパン達が迎えてくれます。

ここのパンの特徴・こだわりは、
生地に「おから」を練りこんであること。

「広島県産小麦」を使用していること。
「備後産もち麦」を使用していること。
「甜菜糖」を使用していること。
「ぬりたま」をしていないこと。 
かな?




まずはジャム系。左から、
「幸水梨のジャムぱん」、「尾道いちごのジャムぱん」、「向島みかんのジャムぱん」




「尾道いちごのジャムぱん」(160円)




アップどぇ~す。
尾道はいちじくの産地だとは聞いていましたがいちごも生産されているんですね~




「向島みかんのジャムぱん」(140円)




アップどぇ~す。




「幸水梨のジャムぱん」




もちろん広島県産の幸水梨を使用しています。




続いてあんぱん系
左から、「紫落花生のつぶあん」、「ゆずあんぱん」、「くるみあんぱん」




「紫落花生のつぶあん」(150円)




生地に紫落花生が練りこんであります。(備後産落花生10%使用)




「くるみあんぱん」(150円)




米麹、クロレラエキス、アセロラ粉末も使用しています。




「ゆずあんぱん」(160円)




ゆずあんのベースとなる白あんにはいんげん豆を使用しています。




左から、「ほしぶどうのぱん」、「椿き家おからのぱん」




「椿き家おからのぱん」(100円)




本郷にある 『椿き家』 (HPはこちら⇒)さんのおからを使用しています。




「ほしぶどうのぱん」(150円)




米麹、クロレラエキス、アセロラ粉末も使用しています。

おからを使用しているからなのか、もち麦を使用しているからなのか、はたまた別の要因なのか・・・生地の食感はどのパンもやや硬めです。



本文および画像:パン好き小僧(2010/08/27)


お 店 情 報
2010.09.02-106.JPG  『瀬戸内地ぱん鞆の浦』
 住所:福山市鞆町後地26-76
  ここをクリックすると地図が表示されます
 電話:084-982-2939
 営業時間: 10:00~17:30
 定休日:水曜日
 お店HP:
こちら

PR
この記事にコメントする(名前未入力のコメントには返信いたしません)
Name
Title
Font color
E-mail
URI
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret?
この記事へのトラックバック
トラックバック用URI:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
フリーエリア
バーコード
プロフィール
HN:
パン好き小僧
性別:
男性
趣味:
パン屋さんめぐり(現在約300店)
カウンター
フリーエリア
4種類のゲームが楽しめます       猫に戻すには足跡をクリック!
 猫をクリックすると近づいたカーソル    を追って顔や前足を動かします♪
ブログ内検索
リンク
Copyright (C) パン好き小僧 All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]